栃木県宇都宮市にある内科・胃腸科なら【今野内科胃腸科医院】へ

胃カメラ(上部消化管内視鏡)検査

口もしくは鼻から内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸を観察し、診断・治療を行います。胃のバリウム(X線透視)検査では出来ない、組織診断も行えます。
当院では、ご希望の方に、鎮静剤を使用し、楽に検査を受けられるよう工夫しています。
また、最新の極細径経鼻(鼻から入れる)内視鏡を使用しておりますので、従来の胃カメラと比べても格段に苦痛が軽減されています。安心して検査をお受けください。

詳細

1.検査前日
日の夕食は9時までに済ませ、以後固形物は食べないでください。
分(水・お茶・紅茶・スポーツドリンクなど)はお摂りいただいて構いません。

2.検査当日
朝食は食べずに来院してください。水・お茶などはお摂りくださって構いません。
高血圧、心臓病などの薬は、検査当日の朝6時までにお飲みください。
糖尿病のお薬は服用しないでください。
血液をサラサラにするお薬は、あらかじめ内服を中止して頂きます。
(中止期間は外来受診時に確認致します。現在内服している薬、注射(インシュリン)などはすべて持参してください)

3. 検査の前に
お手洗いを済ませておいてください。
入れ歯はあらかじめ外しておいてください。口紅も落として頂きます。
ベルトをゆるめ、腹まきやコルセットなどお腹を締めつけるものは外して頂きます。

4. 検査が終わったら
喉の麻酔が切れるまで、1時間ぐらいは食べたり飲んだりしないでください。
検査のときに空気を入れて胃をふくらませるので、お腹が張った感じがあるかもしれません。検査終了後、ガスが出て自然に治りますのでご安心ください。
検査のときに食道や胃の中を観察しやすくするために、色のついた液を入れることがあります。この場合、あとで尿や便に色がついたり、胸やけが残ることがありますが心配いりません。
検査時に細胞を取った場合、検査結果がでるまで10日ほどかかります。後日改めて検査結果の説明となります。
検査当日に静脈麻酔を使用する場合、検査後のお車の運転ができません。
公共の交通機関でお越し頂くか、お車の場合、ご家族の運転が必要です。